中屋味噌 ホームへ お問合せ
中屋味噌の歩み 伝統の製造工程 商品紹介 なにがでっきょんな おすすめ味噌レシピ
中屋味噌の歩み


  会社概要はこちら
昭和2年3月20日 中野政吉、現在地において味噌醸造業を開始する。
昭和18年〜昭和23年 統制組合に属し委託醸造する。
昭和24年8月 中野晃宏、店主に就任する。
昭和29年5月1日 有限会社中屋醸造所を設立し、中野晃宏、代表取締役に就任する。
資本金160万円。
昭和38年3月 資本金を1,275万円増資し、新資本金1,435万円となる。
昭和39年7月 高松市多賀町1丁目3番8号に中屋ビル竣工。
昭和45年11月17日 社団法人中央味噌研究所主催の全国味噌鑑評会において、食糧庁長官賞を受賞する。
昭和46年11月30日 香川県農産加工振興会品評会において農林大臣賞を受賞する。
昭和47年3月 高松市塩上町3丁目17番13号に新工場竣工。
昭和47年11月21日 社団法人中央味噌研究所主催の全国味噌鑑評会において、食糧庁長官賞を受賞する。
昭和48年1月29日 565万円増資し、新資本金2,000万円となる。
昭和48年3月19日 香川県農産加工振興会品評会において農林水産大臣賞を受賞。
高松市木太町1961番4号に第2中屋ビル竣工。
昭和55年11月20日 社団法人中央味噌研究所主催の全国味噌鑑評会において、農林水産大臣賞を受賞する。
昭和57年6月 永田式回転自動製麹装置を導入する。
昭和57年11月26日 社団法人中央味噌研究所主催の全国味噌鑑評会において、農林水産大臣賞を受賞する。
平成2年2月28日 中野正秋、代表取締役に就任する。
平成3年11月27日 社団法人中央味噌研究所主催の全国味噌鑑評会において、全国味噌技術会理事長賞を受賞する。
平成4年11月27日 社団法人中央味噌研究所主催の全国味噌鑑評会において、全国味噌工業協同組合連合会会長賞を受賞する。あわせて、川野原秀雄工場長、優秀技術者表彰を受賞する。
平成6年11月29日 社団法人中央味噌研究所主催の全国味噌鑑評会において、全国味噌技術会理事長賞を受賞する。
平成8年8月 永田醸造機械製、自動計量仕込み装置を導入する。
平成9年11月26日 社団法人中央味噌研究所主催の全国味噌鑑評会において、全国味噌鑑評会名誉会長賞を受賞する。
平成10年11月25日 社団法人中央味噌研究所主催の全国味噌鑑評会において、中野宰誠専務取締役、優秀技術者表彰を受賞する。
平成14年11月27日 社団法人中央味噌研究所主催の全国味噌鑑評会において、中央味噌研究所理事長賞を受賞する。
平成15年11月27日 社団法人中央味噌研究所主催の全国味噌鑑評会において、全国味噌鑑評会名誉会長賞を受賞する。
平成19年11月28日 社団法人中央味噌研究所主催の全国味噌鑑評会において、中央味噌研究所理事長賞を受賞する。

▲Page Topに戻る


Copyright (C) 中屋醸造所 All rights reserved